2011年8月

お月見のつどい

八月も最後の一日となってしまいました。
朝晩は涼しくなり、秋の気配が感じられます。そして今日は台風接近…

9/10,11の土日に、小金井市主催の「お月見のつどい」が、小金井公園で行われます。当フラメンコ教室も、9/10、17:25~出演致します。
無料の催しで、演劇やお囃子などもありますので、楽しめますよ!
爽やかな秋の空気の中で、お月様とフラメンコ、お待ちしています!

関係ありませんが、うちの新入り仔猫のクゥです。
空海からとった、ありがたい⁈名前の猫です

高野山その3

高野山最終日。
お勤めに備えて5時起床。お勤めといっても、お勤めするのはお坊さんで、私はその空間に居させていただいているだけというユルい設定ですが。。。
読経の合唱は耳に心地よく、良い時間を共有させていただきました。
お坊さんにとっては、朝のお勤めから一日が始まり、修行の一部なのですよね。
私も踊りの修行しなければ、、、

朝食をいただき、本覚院を出発。
二日間気持ちよく過ごさせていただきました、お世話になりました!

霊宝館で、運慶、快慶作品の本物や、お市の方の肖像画の本物を堪能し、徳川家霊屋⇒女人堂へと歩きます。

明治5年まで、高野山は女人禁制だったため、女性は細く険しい女人道をあるかなければ大師の御廟へお参りがかないませんでした。その入口が女人堂。
__

女道は、今も昔も厳しいのか、、、、

お昼頃、なんと偶然高野山で遭遇した日曜クラスのSとぴいとランチ。
同じ時期にしかも高野山で出会うとは、、、
部長とMKの高千穂遭遇事件といい、パワースポットばやりか?!女人の皆様癒されたいのですよね~

人を寄せ付けない厳しい自然の中に道場を開き、教えを広めていった空海に思いをはせながら下山、、、

自分を見つめなおすいい機会になりました。
おすすめしますよ!

高野山その2

翌朝は6時からお勤めがあるということで、5:20起床。
本堂は、蝋燭が灯され、厳かな雰囲気。宿泊客15名ほど参加。
お坊さんの読経は独特のリズムがあり、音調も脳波にいい感じ!真言の作法も興味深く拝見しました。
しかし…正座はキツイ…
30分持たずに崩してしまいました、だらしないですね~
が、約1時間のお勤めはシャキッとして気持ちが良いです。
朝食も勿論精進料理。食欲旺盛なり。

8:30に宿坊を出発し、総本山金剛峯寺へ。
朝方の雨もあがり、あらわれた緑の中の石庭。

秀次自刃の間や、古色蒼然とした襖絵、曼荼羅。かつて生きていた人の息づかいをすぐ間近で感じるみたいで、すこぉし緊張する。

余談、町のいたるところに「高野まき」という看板を見かけ、最初、高野町の女性有名人高野まきさんか⁈と思ったが、霊木とされている高野槇と判明(^^;;
悠仁親王のお印になっているそうです。

その後、いよいよ大師がおわします奥の院へ。
こちらも圧巻でした…
行けども行けども苔生した墓石群…
山全部が墓場、正に霊場。
石田三成公、明智光秀公、伊達家、島津家と言った諸大名のお墓から、企業のお墓、小さいお地蔵さま、もう名前も読めないくらいの墓石まで、深山の中で時を忘れたかのように密やかに佇んでました。

姿が映らなければ後三年は生きられない、という、怖ぁい言い伝えのある姿見井戸で、自分の姿が映ったのを確認して、いよいよ奥の院へ。

院へは、御廟橋、という橋を渡ります。ここから先は大師のお住まいなので撮影禁止、脱帽して、礼をしてから橋を渡ります。
やっぱり又空気が違う…

弘法大師は、62歳の時に、未来永劫にわたって衆生を救済するとご請願され、即身成仏になるべく御廟に入られたそうだ。命懸け…
宇宙の全てのものが「いのち」の顕れとして平等であり、この「いのち」を共有して尽きることなく交流し、自由自在に融け合い通じ合っていく、という世界観のようです。
引き篭もりでないところが、実にいいな、と思いました。
つながっている、という言葉を、説法の場で何度も聞きました。
いい言葉だと思いました。

戻る道すがら、どうしても見つけたかった、平敦盛と熊谷直実のお墓を発見出来て感激

昼食後、町の中心部に戻り、大師教会で般若心経の写経にチャレンジ。
ここでも正座が、、、。
すみません、胡座かきながらの写経、歩き疲れたせいか、途中ニ回ほど寝落ちするという体たらく(^◇^;)
が、なんとか1時間ほどで書き上げ、奥の院に奉納をお願いしてきました。

お腹を減らして宿坊へ。
お風呂で一泳ぎ⁈して、夕食。
茄子の田楽、葛切り、酢の物、すべて美味しい!身体に優しい!ノンアルコールが苦にならない!これを機に生活全般見直そうかな…

夕食後は、ライトアップされた根本大塔を見に行きました。陰翳が逆に迫力を増す効果ありで、ブルっときました。

一日高野山にひたり、やはり9時ころ寝落ち。

高野山その1

夏休みを利用して、二泊三日の高野山の旅に行って参りました。
昨年からいろいろなことがあって、身辺がざわついていたこともあり、連れ合いに「高野山どう?」と言われた時は二つ返事でした。
新大阪→なんば→極楽橋と乗り継いで、高野山までケーブルで。
かなりの傾斜があり、深山の趣が濃くなっていきます。外人さんの姿も。さすが世界遺産。
駅到着、陽射しは強いものの風が爽やか、霊場入口、大門まで歩くことにしました。
木々の香りと鳥の鳴き声の他大変静か。別天地、空気が違う!見渡せば山、山、山。
50分ほどかけて到着。

大門から、願いを一つだけ叶えてくれるというお助け地蔵をお詣りし、更に15分ほど歩いて壇上伽藍へ。
古い建物が醸し出す雰囲気には圧倒されます。意思を持って呼吸しながら、じぃっと佇んで、人間の推移を静観してるような…御影堂と不動堂が特に好み。西塔も良かったなぁ。
お堂に安置されている如来像は圧巻。思わず合掌。
この非日常感、安らぎが欲しかったんだよなぁ…
高野山は、山々に囲まれた盆地になっていて、総本山金剛峯寺周辺には宿坊を兼ねたお寺がズラリ。コンビニや居酒屋などは無論ありません。観光客向けの土産物屋はありますが、お盆過ぎの平日だったせいか、閉まっている店も随分ありました。漂うお香の薫り、鐘の音、お寺、お寺、お地蔵さま、神社、お寺、、、そして、ひたすら静か。まさに異空間!

宿坊初体験は、金剛峯寺からも近い本覚院。800年の歴史があるそうです(;゜0゜)
お坊さん方が笑顔で迎えて下さいました。襖絵すごいっ!
お部屋はお庭が見える一室で、ゆっくり寛ぎました。
広い浴場で浮世の垢を落とした後、待ってました、精進料理‼
座して食べるのが作法だそうで、脚付きのお膳の前で正座していただきます。
普段、肉、油、アルコール大好きな私が満足出来るのか、一抹の不安がありましたが、ボリューム満点!

写真の他にニ膳。
特に胡麻豆腐、凍りこんにゃくの味と食感、お吸い物の品のいいお出汁、生麩の弾力にやられました(^^)
食べ終わった後は、お茶碗にお茶を注ぎ、洗うようにしていただきます。
ノンアルコールでも何の不足も感じませんでした。
お山のなせる技か、、、。
そして、泉鏡花の高野聖を読みながら、9時には寝付いてしまいました。
なんて健康的

お試しクラスのお知らせ

お疲れ様です。
スタジオは8/18~22まで夏休みとさせていただきます。
宜しくお願い致します。

又、9/4,11,18,25の日曜、13:30~14:30で、初心者のためのお試しクラスを設けます。
持ち物 室内履き、汗をかいてもよいTシャツ・パンツ類、タオル、あればフレアスカート
全4回=\6000
8名定員
です。
フラメンコの入口をわかり易くお伝えします。
お申し込みお早めに!!
西川 電話0423880355
まで。

夏は…


出会ったのはまだ14才、あどけない少女がすっかり大人になって、一緒に酒を飲める日がくるとは…
Mちゃん、アメリカより夏休みで帰国、日曜日に囲む会を行いました。
Hちゃん、Yっちという懐かしのメンバーも顔を出してくれて、盛り上がりました。
しかし、弾ける若さといい、そこはかとない色気といい、ネイティブな英語といい、プリクラの早さといい、オバハンは全くもって眩しい限り、ついてゆきたい、ついてゆけない~
今度会う時も又、度肝を抜かれるくらい⁈大人になっているんだろな~
楽しみだ!!

そして、我が家に合宿⁈してた長野の小中学生四人組も、昨日帰り…彼らも又、成長が早いんだろうな!

学生の頃の夏休みがちょっと郷愁をもって思い出されたこの一週間でした。

さて、もうひとがんばりしたら、私も大人の夏休みだ!!

マザー・テレサの言葉

人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。


あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

気にすることなく、善を行いなさい。


目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。

気にすることなく、やり遂げなさい。


善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなく善を行い続けなさい。


あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。


助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。

気にすることなく助け続けなさい。


あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。

けり返されるかもしれません。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。


気にすることなく、最良のものを与え続けなさい…。

あなたは、あなたであればいい。


マザー・テレサ、大好きです。

1
ページ上部へ