2011年11月

泣の三連打

今日もお疲れ様でした!
湘南バー便りです。

この一週間、いろいろなことがありました…
Mさんちのアンディが亡くなりました…
K家のボーちゃんが亡くなりました…
やはり、ハリーの時と重なってしまうので、悲しくてしかたありません。
生きとし生けるものは、必ず命尽きますが、やはり、その瞬間を目の当たりにした時、しかも愛していたものの死は、とても平静ではいられません…
別れはとても辛いです。
あたたかい思い出が、その辛さを軽減してくれますように、、、

そして、今日の横浜レッスン。
Oちゃんが、とっても嬉しそうな顔で、「息子が書いてくれた手紙です!」
是非読まれたし!
わたしゃ、湘南バーで泣きました…

ありがとうございました!

昨夜のエスペランサライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

シゲちゃんの復帰と、エスペランサ40周年記念の祝いライブでしたが、たくさんのお客様に来ていただいて、盛り上がりました、本当にありがとうございます

自分のダメエンなところはさておき、炸裂した空間が、なんとも楽しかったです

本番をやると、その後練習する気満々になるのですが、その気持ちの持続が難しく…
でも、出演の皆様から良い刺激をたぁくさん受けたので、がんばれる気になりました
これからも、たくさん脱皮してゆきたいです。

で、アフターは、久しぶりに会えたYぎっちたちと、オール
ぐーたんぬーぼー気取りで⁈、ガールズトークに花を咲かせました。

という訳で、眠いです、、、
小金井レッスン終え、横浜に向かいます、がんばろっ

そう、スタジオの入っているマンション、耐火工事中で、足元悪くなってます、お気を付けください。

湘南バー物語

残念ながら、かっこ良いお店の話ではありません。

湘南バーと命名したのは、みなさんも良くご存知の歌姫です
命名されたのは、東海道線で、横浜レッスンからの帰り道すがら、東京駅まで車中で楽しく一杯飲ることから、名付けられました

この湘南バーには、マスターもいます。横浜駅構内の売店のおじさんで、私が名付けました。
このおじさん、多分店長さんだと思うのですが、私が初めてその売店でビールとつまみを買った時に、お釣りを渡しながら、「ご苦労様でした」と微笑み、両手で包み込むように渡してくれたのです。
一瞬びっくりして釣銭落としそうになりましたが、なんだか、一日の疲れがぱぁーっと癒された気がしまして。
以来、毎回ビールを買う度に、なんとなぁくおじさんのレジで並んで買うようになりました。
その売店、電車出発前にやはりアルコールを求める客で混み合うのですが、おじさんは澱みない鮮やかなサバキっぷりで、しかも心がこもった対応。
素晴らしい!マスターだ!と、勝手に感動して勝手に名付けた次第です

この湘南バーの現在の主な客は、帰ってきた番長と私です。去年まではMKが付き合ってくれてました。30分程の飲み会ですが、車窓からの夜景も捨てたもんでもなく、向かい合わせの座席は旅情を誘い、なかなかしびれる湘南バー。

今宵も番長と楽しむつもりだったのですが、お友達と約束してるとかで振られてしまいました…
一応私も乙女なので⁈、1人きりの時は飲まないのです。

かくして、ノンアルコール1人旅。
おかげでブログもアップできました。

関係ありませんが、先日釣り上げたニジマスです。
ホクホクしてて、とても美味しかったです。

1
ページ上部へ