2014年8月

グラナダ台風

8/19より来日していた、アナとアルフレッド、無事ジャパンツアー?!を終え、家路へと着いたとのことです!

小金井入りが26日。変わらぬ温かい人柄、行き届いた指導、そして何よりグラナダの香り~~~heart02

今回は、郁美ちゃん、はっちゃんにほとんどお任せしてしまい、私は乗っからせていただいただけだったのですが、

貴重な得難い体験をすることができて、本当に感謝感謝ですsweat02

そのほか、たくさんの皆様にご協力いただきまして、重ね重ね御礼申し上げます。ありがとうございましたsign03

初日の写真後ほどアップします、27日忍さんスタジオより・・・忍様、ご協力ありがとうございました!

写真 1 (2).JPG

 

 

ソレア・ポル・ブレリアのクラス。

足が動かね~~sweat01

 

 

 

 

写真 2 (1).JPG

 

 

の後のライブ。アナ、度肝を抜く素晴らしさ!!

観客になりたかった・・・

 

 

 

 

写真 3.JPG

 

 

ほとんどポストカードの美しさ!

 

 

 

 

写真 1 (1).JPG

 

 

まさかのカニサーレス様も一緒に!

やばすぎる...

 

 

 

写真 2 (2).JPG

 

 

最終日のタンゴ終了!

 

 

 

 

写真 4.JPG

 

 

羽田空港にてお見送り。

 

 

 

 

短くも濃ゆい3日間でした。

フラメンコはもとより、スペイン語のダメさに、改めてやられまくった3日間、学んでゆかねばならぬことが多すぎて、

刺激的すぎて、しばらく廃人になりそうです・・・が、やる気を呼び覚ませてくれました!!

ぶっ倒れるまでがんばろう~~と誓った夜なのでしたmoon3

そして、やっぱり、近いうちグラナダに行こう!!と思いましてございますnote

 

 

過ぎ行く夏...

暦の上では秋といえども、まだまだお暑うございますsweat01

今年も、祭りに盆踊りに花火に海に、夏を味わい尽くしました。

夏は、その激しさ派手さに似合わず、案外あっけなく行ってしまう、というのが私の印象です。

蝉たちも今を盛りと知っているのか、ありったけ鳴き尽くし、花々も命の続く限り咲き続けようとします。

盛りにも終わりがあることを本能で知っているからでしょう。

夏の祭りには、いつもどこか、その終わりを知っているからこその刹那感が潜んでいるようで、もの悲しい気分にさせます。

花火も、一瞬の輝きに歓喜の限りを尽くすあたり、帰りには心に秋風が吹くような気がいたします。

でも、だからこそ、夏祭りの現場には、瞬間瞬間の喜びや高揚やらがすごいエネルギーで満ちていて、怪しげに刹那の輝きを放っているので、ついふらふらと引き寄せられてしまうのです。

フラメンコに似ているな~、といつも思います。

禅にも一呼吸、一呼吸、という言葉があるようです。

この一瞬を生ききる!好みの生き方です。

凡人ゆえなかなか出来ませんがね~sweat01

さて、スペインから、いよいよアナとアルフレッドが来日し、九州から今群馬へ、週明けに東京にやってきます!!heart04

夏祭りの最後は、やっぱりフラメンコ!

クルシージョ開催の26日は、小金井の気温が高くなることでしょうup

タンゴ、ブレリアは、まだ若干名空きあります。

迷っている方、一緒に燃え尽きましょうimpact

2年ぶりの再会がと~~~っても待ち遠しいですlovely

 

 

 

 

 

 

 

1
ページ上部へ