2015年5月

闘いと諦観と。

 

朝方は、爽やかな風薫る5月ですが、日中は真夏の暑さ・・・

日本の四季が崩れつつありますね・・・

美しい曖昧さが好きだったのに・・・

 

さて、母の容体も落ち着いていたので、5/12よりレッスンを間引いて再開しました。

みなさんが、お休みの間、熱意をもって自主練に取り組んでくださったことがよくわかり、とても感激しましたsweat02

すごいな、と心底感嘆しましたcrying

親は無くとも子は育つ?!、むしろ私がレッスンしている時より、すごい伸び率、これならまた休んでも大丈夫かなconfident

 

母ですが、食が細くなってきました。

刻み食から今はペースト食にしたのですが、タンがらみの咳を伴ったり、うまく飲みこめなかったりで、

小さなティースプーン一匙お腹に行きつくまでに、ものすごく苦労しています。

見ていて可哀そうになります。

私たちが当たり前にしている、呼吸をしたり、つばを飲み込んだりとかいうことが、当たり前のことではなかったのだ、ということに気付かされます。

母は、食べなければ元気にならない、と思い詰めているようで、ゲホゲホしながらがんばります。。

私は無理させず、食べられる分だけを運びます。。

食後の歯磨きの、ブクブク、ペッ、もできなくなってきました。

食べ残しが口の中にあると肺炎の原因になるそうなので、スポンジブラシで口内をお掃除した後、

歯磨きティッシュを人差し指に巻いて汚れをぬぐいます。

終わるとやはりさっぱりと気持ち良さそうです。

 

ガンがわかってから、ずっと闘ってきました。

病院での化学療法の他に、たまねぎ、きゃべつ、にんじん、かぼちゃを煮たスープを毎日600cc飲み続けたり、

ウコンの粉末を飲んだり、琵琶茶を飲んだり、黒にんにくを食べたり、、、いずれも1年以上続けたことです。

が、脊椎間への転移が見つかってからは、それらの努力が虚しく思えました。

もしかしたら、ガンの進行を緩やかにしてくれていたのかもしれませんが・・・

それでも、1月からの丸山ワクチン、ニンジンリンゴジュース、五井野プロシジャーhttp://cookpad.com/recipe/2924743

など続けています。 

あきらめた訳ではないのですが、母の様子をみてゆくに、現状維持がいい方で、静かに静かにいろいろなことが出来なくなってゆくのです。

それを見守ってゆくのは、気持ちの良いものではありません。

が、静かな諦観と覚悟が定まって来ます。

介護の時間が与えられたからこそ湧いてきた感情です。

 

母の一生を思います。

子供時代、娘時代、父と出会ったころ、私や弟を産み育てたころ、子が親もと離れてからの生活・・・

同居が20年以上ぶりであったので、ああ、この人こういうひとだったな、と改めて思うことも多く。

ケンカもたくさんしました。

が、娘に(もちろん父にも!)面倒をみてもらい、存外幸せに感じているのではないのかな~などと思ったりします。

手前味噌ですが。

 

お母さん、どうよ?!

 

 

 

 

 

 

 

育児と介護とちょびっとフラメンコ日記2

さわやかな五月晴れ、早朝よりパパと子供はニジマス釣りに。

かなりな釣果があったようです、食すのが楽しみ、楽しみshine

 

さて、在宅医療についてです。

24H、病院のようなケアができれば良いのでしょうが、家族だけで回すとなると、そうも言ってはいられません。

母のケースも、

医療部門→在宅医、看護師さん

患者の生活の質向上部門→訪問入浴の会社介護用品会社

介助する家族のリラックス部門→ヘルパーさん

総括→ケアマネージャーさん

と、たくさんの方々に絡んでいただいています。

母は、要介護4(現在5に上げる申請中)で、介護保険の適用がきいて1割負担になります。

例えば、母お気に入りの訪問入浴は、1回¥12000くらいのところ、保険適用で¥1200になります。

介護用品を借りたり、ヘルパーさんをお願いする時も、同様です。

 

今回は、訪問入浴について語りたく候・・・

 

一体どうやって部屋の中にお風呂を設置するというのだい?!、と、見るまでは想像もつきませんでしたが、

ボイラーを積んだバンが現れ、ベビーピンクの浴槽がベッド脇に運び込まれ、入水用と排水用のホースが手早く引かれ、浴槽にお湯が満たされてゆきます。

この日は、良い香りのコラーゲン入り入浴剤が投入!

その間看護師によるバイタルチェックが行われます。

2人がかりで大事に運ばれた母は、ストレッチャーのようなものに乗せられ、今度は3人がかりで優しく丁寧に洗ってもらいます。

とっても気持ちよさそうspa

そして、来る方みな明るくて楽しい方ばかりで、母の好きな演歌を熱唱してくれますnote

すごいホスピタリティー!

母がアラブの女王様みたいに見えてきます・・・

なもんで、毎回訪問入浴の際は、BGMで演歌のカラオケを流していますcoldsweats01

母が一番生き生きと楽しそうにしている時間です。

この会社の方は、だいたい1日に6~7軒回るそうです。

結構な肉体労働でしょうが、キレイにする、洗い流す、気持ちよくしてあげる、という浄化装置のようなものを持ってらっしゃって、

ご自身たちも浄化されているように見受けました。

ほんと、プロの仕事です。

感謝と共に感服です。

鮮やかな仕手集団のように、来た時と同様、手早く浴槽は取り払われ、何事もなかったかのように元の部屋へ。

あとにはツヤツヤと、満足げな母の顔shine

 

いろんな現場に、いろんなプロフェッショナルの方がいて、その真骨頂を見せてもらう時、ものすごく感動します。

私も、そんなプロになりたいと、強く思います。

スタジオに出向く時間がとれないと、驚くほど丹田意識がなくなってしまいますが、継続しまっせ、ヨガの呼吸!

めざせ、ヨガ行者!じゃなかった、フラメンコ職人up

 

 

 

 

 

 

 

1
ページ上部へ