千鶴の独り言

音合わせ

1ヶ月後に迫ってまいりました、教室のミニライブ。

昨日、カンテさんギターさんを呼んでの音合わせでした。

そう、音合わせ。。。

そもそもが、音って、空気の振動、うねりが耳に届くもの、目に見えた形としては残らぬもの。

それに合わせて踊るってことは、聴覚で捉えたものを視覚化してゆく作業で、そりゃあ難しいに決まってます。

よその国の音楽ですから、なおさらです。

だからこそ面白いし、勉強しがいがあるし、イマジネーションの広がりもあるのだと思います。

今回出演するメンバーたち、それぞれが自分の課題と向き合いながら、音に対して逃げずに向かって行ってました!

まな板の上の鯉状態の中で、音に集中していくのは大変なことです。

もがき苦しみながら、一条の光を求めて立ち向かってゆく姿が、皆雄々しく美しく、清々しい思いをした昨日でしたshine

あと1ヶ月、産みの苦しみを噛み締め味わいながらsign02、引き続き頑張って行って欲しいと思います!!

FullSizeRender.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.estudio-aixa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/819

ページ上部へ