千鶴の独り言

緑陰より

一昨日、友人の訃報を知った。

昨年11月に亡くなっていた。

ご家族と連絡がついた。

亡くなる前日まで、幼稚園の娘さんのお弁当を作っていたという。

病気と諦めず向き合い続け、戦い抜いて、力尽きた。

壮絶で、あっけなく。

彼女の無念を思うとやりきれない。

 

実業団の駅伝の選手だったこともある彼女は、体力にも自信があり、フラメンコが大好きで、セビージャが大好きで。

何にもとらわれず、好きなことに夢中になって打ち込んでたあの頃、誰がこんな景色を想像しただろうか・・・

 

来世なんかないよな、と思う。

この顔で、この体で、この個性で生まれてきたのは今生で間違いなく、それゆえ一期一会。

だから、やっぱり今に集中するしか無いんだと思う。

故人たちが命を賭けて送ってくれたメッセージ。

粗末に生きるわけにはゆかない。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.estudio-aixa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/825

ページ上部へ