東京小金井市【西川千鶴フラメンコ教室】
西川千鶴フラメンコ教室(estudio Aixa)

3月振り返り...その2 港に着いた黒んぼ

3月半ば、大沼由紀先生が客演される、小川未明作「港に着いた黒んぼ」を観にいってまいりました。

 

小川未明の作品は、児童文学でありながら、人間のどうしようもない欲ぶかさや、避けようのない死などをテーマとするシュールなものが多く、その仄暗さに惹きつけられ、子供のころ愛読してました。(←根暗な子供sign02

先生が、「港に着いた黒んぼ」の、踊り子である姉の盲目の弟役を演る、と聞いた時から、絶対観に行きたい!!と決めていました。

 

舞台途中より、涙が止まらなくなりました。

言葉より雄弁に体が語る、とはまさにこのことだ、と思いました。

肩よせ合い支え合って生きて行く姉弟の愛、それを断ち切る欲、打ち捨てられた弟の哀しみ、失ったもののあまりの大きさに気付き絶望する姉。

 

朴訥とした語り、笛の音、異国の調べ、歌、その全てと呼応しながら体が胸の内を語る、、、

心が激しく揺さぶられました。

あの弟役は、先生にしかできない、と思いました。

フラメンコでありながら、フラメンコを越えていってしまう、だけど内面の表出というところではまさにフラメンコ、という無限の輪みたいな舞台でした。

 

しばらく、その余韻から抜け出せないでいた3月半ばでありましたconfident

 

 

 

 

 

 

西川千鶴フラメンコ教室 / 2018.04.02
コンテンツ
■ スタジオ紹介
■ クラス紹介
■ 講師プロフィール
■ よくある質問
■ リンク
■ 新着情報
公演アルバム
■ 発表会

ホーム | 千鶴の独り言 | お問合せ
© 2018 西川千鶴フラメンコ教室(estudio Aixa) All Rights Reserved.