千鶴の独り言

3月振り返り...その4小金井市桜まつり

やっとここまで追いついてきた!

3/31(土)に、小金井観光協会主催、桜まつりに出演してきましたcherryblossom

 

例年、寒かったり、天候に恵まれなかったりと、何かしらの負荷がつきものだったのですが、今年は珍しく晴天sign03

しかも、思ったほど冷え込みもなく、そして満月fullmoon

 

IMG_3109.JPG

 

みっしりと咲き誇る桜の上より、煌々と照らす満月。

負けじと花を添えるsign02我ら!

 

 

 

 

IMG_3117.JPG

 

 

花より団子より踊りnotes

 

 

 

 

IMG_3122.JPG

 

 

あっちゃん、範子姐さん、熱演熱唱、そしていつもながらの強力なサポート、ありがとうございましたsign03

 

 

 

 

 

終演後は、桜の下にて宴会wine

懐かしいメンバーに会えたり、美味しい差し入れに舌鼓を打ったり、楽しいひと時でした。

応援にかけつけてくださった皆様、ありがとうございましたshine

観光協会の方々、大変お世話になりました。

チラシ配りのお手伝いしてくださった方々、ありがとうございましたsign01

 

西川千鶴フラメンコ教室では、4月より新規クラス開講いたします。

木曜日 11:30~12:30 入門クラス

金曜日 19:30~20:30 入門クラス

4月内入会の方は、入会金¥5000を無料とさせていただきます。

レッスンはお月謝制で、月4回¥9000です。

無料体験・見学随時承っております。

 

お問合せ 042−388−0355(西川千鶴)

または、このHPのお問合せページより、メールにてお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月振り返り...その3エスペランサ

「港に着いた黒んぼ」の余韻冷めやらぬ中迎えた、エスペランサ出演。

お忙しい中お越しいただきました皆様、ありがとうございましたconfident

 

あっちゃんのカッコいいブレリアや、正由美さんの熱唱、恵美さんのキレのあるモダンな踊り、静さんの的確な踊り、和やかな雰囲気で、楽しいライブとなりました。

IMG_3084.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブって、やっぱりいいですねshine

 

皆様の応援が、いつも励みになっております。

どうもありがとうございましたnote

 

 

3月振り返り...その2 港に着いた黒んぼ

3月半ば、大沼由紀先生が客演される、小川未明作「港に着いた黒んぼ」を観にいってまいりました。

 

小川未明の作品は、児童文学でありながら、人間のどうしようもない欲ぶかさや、避けようのない死などをテーマとするシュールなものが多く、その仄暗さに惹きつけられ、子供のころ愛読してました。(←根暗な子供sign02

先生が、「港に着いた黒んぼ」の、踊り子である姉の盲目の弟役を演る、と聞いた時から、絶対観に行きたい!!と決めていました。

 

舞台途中より、涙が止まらなくなりました。

言葉より雄弁に体が語る、とはまさにこのことだ、と思いました。

肩よせ合い支え合って生きて行く姉弟の愛、それを断ち切る欲、打ち捨てられた弟の哀しみ、失ったもののあまりの大きさに気付き絶望する姉。

 

朴訥とした語り、笛の音、異国の調べ、歌、その全てと呼応しながら体が胸の内を語る、、、

心が激しく揺さぶられました。

あの弟役は、先生にしかできない、と思いました。

フラメンコでありながら、フラメンコを越えていってしまう、だけど内面の表出というところではまさにフラメンコ、という無限の輪みたいな舞台でした。

 

しばらく、その余韻から抜け出せないでいた3月半ばでありましたconfident

 

 

 

 

 

 

3月振り返り...その1マグロ

駆け足で過ぎ去った3月、確定申告やら新旧役員交代やら、めまぐるしいスピードで空回りsign02して行きましたsweat01

4月に入ってしまいましたが、ここで3月を振り返っておきたいと思います。

 

初旬にあった、マグロとフラメンコの夕べ、無事終わりましたー!

 

IMG_3066.JPG

 

苦労したファルーカ。

 

 

 

はっちゃんとああでもない、こうでもないと、叩き上げ、アーティスト陣に助言してもらいながら作っていったファルーカは、その過程が楽しかったし、勉強にもなりました。

その曲に没入して、内側を作った後、表に出して、磨きをかけて行く、その一連の行程に手を抜いてはダメだな、と痛感いたしました。

 

はっちゃんのソロ曲、ソレアはとても素晴らしく、はっちゃんが表現したい内側が良く伝わってきました!Oleeeenote

 

私のソロ曲、アレグリは、詰めが甘くsweat01、迷いながらの苦し紛れの一発、反省しきりです。。。

 

マグロパーティーは、定番お刺身、マグロ丼から始まり、カルパッチョ、トマト煮込み、パスタ、フライまで、どれもこれも絶品でした!!

お客様の中の一人の紳士から、「フラメンコは、エロスとタナトスを表現してるんでしょ?!」と問われ、タナトスの意味をウイキペディアでこっそり調べた、という顛末もありましたsweat01

タナトス、とはギリシャ神話に出てくる死神だそうで、のちにフロイトが攻撃や自己破壊に傾向する死の欲動を意味するものとして定義づけしたようです。

博識の紳士の方、我々の舞台が少しでもそのような景色に見えたのなら、励みになりますconfident

IMG_3067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございましたsign01

 

 

 

 

 

マグロとフラメンコ

春は名のみの、風の寒さや〜snow

空気の冷たさが身に沁みますが、マグロは脂が乗って、美味しい時期ですね。

 

といきなりマグロの話題ですが、3/2(金)に、踊り手の蜂須夕子ちゃんの企画で、「マグロとフラメンコの夕べ」に参加することになりました。

IMG_2712.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漁獲高、消費量1位は日本、実はスペイン、漁獲高も消費量も2位というマグロ好き!!shine

行く末が気になるバスク地方の漁師料理、マルミタコ(マグロのトマト煮)なんかが浮かぶ方もいるでしょう。

日本にも、ずいぶんスペイン産のマグロが流通しています。

そして今や、フラメンコ人口は本場スペイン以上と言われている日本、ここで見事にスペイン→マグロ→日本→フラメンコ、そして戻ってスペイン、という融合の輪が〜!!

 

そしてフラメンコの方ですが、今回初めてバイオリンの三木さんと共演させていただきます。

先日合わせがありました。

同じ弦楽器だけど、ギターとバイオリン、全然また違ってまして!

フラメンコギターは、特有の空気を含んだバサバサ感が私は大好きで、それは、乾いた大地に根を下ろしたオリーブの木々の間を吹き抜ける風のような情景で、打ち震えるような繊細さと野趣に満ちているようにいつも思います。

対してバイオリンは、女の人の嘆き節のように、ある時は野太く、ある時は滔滔と、そしてある時はヒステリックに泣き叫び、うねり、しなやかに伸びていく情緒の流れ。フラメンコギターとは全く違うその空気の振動は、しかし、よく絡みついて、呼応しあって行くんです。

あゝ、音の世界って、こうやって広がって行くのか、とものすごく面白かったです。

そして、あの世界を体現できたら、どんなにか素晴らしいだろう、、、と夢想しました、、、

そう、夢想sweat01

体がついていかない、、、

けど、、、

思い切ってダイブするしかない〜〜〜up

 

はい、そんな訳で、マグロとフラメンコとギターとバイオリンの融合、稀有な体験です、ご興味のある方、ぜひお越しくださいsign03

 

日本かつお・まぐろ漁業協同組合

受付専用アドレス maguro1010japantuna.or.jp

に、①氏名 ②性別 ③年齢 ④職業 ⑤住所 ⑥連絡先 電話番号

をお送りくださいconfident

 

 

 

 

 

 

 

丁寧

新春のお慶びを申し上げますconfident

 

振り返ればいろいろなことがあった2017年が駆け足で過ぎ去り、始動しました2018年。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますconfident

 

5日からクラス始まりました。

IMG_2677.jpg

 

 

お正月明けとは思えないキレッキレ踊りsign02

 

 

 

 

踊れるうちが花です、今年も楽しく元気に踊ってまいりましょうup

 

さて、今年の個人的な目標は「丁寧」です。

やっつけでやらず、目の前のことを丁寧に。

時間の無い時は、スピーディーかつ丁寧に、時間のある時は、熟考しながら丁寧に。

心を込めようと思います。

 

 

 

 

 

黄金色

16日に行いました、スタジオおさらい会、忘年会、どうもお疲れ様でした!

この1年で頑張ってきた総踊り、それぞれの成長ぶりが素晴らしく、とても見応えありました。

何よりも、フラメンコが好きな気持ちが伝わってきて、嬉しかったです。

本番で失敗してしまった悔しさは、来年への糧に、本番でうまく踊れたらその喜びを力に、精進続けて参りましょうup

あ、どなたか、踊っている写真撮ってた方、データ送ってくださいませconfident

 

そして、スタジオでなし崩し的に始まった忘年会sign03

差し入れ大歓迎!としておいたら、出るわ出るわ、美味しそうな料理にお酒heart04

IMG_2641.JPG

 

 

並べきれないほどのパーティー料理!

みなさん、腕に覚えありlovely

 

 

 

 

 

あれやこれやのよもやま話に花が咲き、たらふく食べて、たらふく飲んで、幸せ〜shine

こうして、みんなで集まって、つつがなく踊ってこられたことに感謝。

どうもありがとうございました!!

 

ここで、私が好きな、そして、そうありたいな、と思う名文を。

茂木健一郎さんです。

 

「以前、出雲の地で、古来のやり方で鉄を精錬したことがある。

「たたら製鉄」の方法で、砂鉄を熱し、フィゴで風を送り込んでどんどん温度を上げていった。

そうしたら、鉄が赤くなって、やがて黄金色になった。

本当にきれいな、輝かしいばかりの黄金色の輝きが、暗闇の中から放射されている。

 

その時、黄金色というのは、元素としての「金」だけが持つのではなくて、どんなものにでも、熱して温度が上がっていくと、やがては黄金色になるのだ、ということを学んだ。

つまり、黄金というのは、「元素」ではなく、「状態」なのである。

 

人の心の中にも、黄金色が見えることがある。

 

何かに熱中していたり、恋の予感に胸を弾ませたり、難しいがやりがいのあることにチャレンジしたりしている時に、人の心の中には黄金の光が放たれ始める。

ハート・オブ・ゴールド。

 

「黄金の心」は、生きることの情熱が高まった時に、自然と私たちの胸の中に生まれてくる何ものかなのである。」

 

ということで、みなさん、美しいですshine

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

先日のジャズとのコラボライブにお越しいただきました皆様、師走のお忙しい中、本当にありがとうございましたsign01

私が身体で喋れる言語は、フラメンコだけで、しかもそれすら決して雄弁ではなく、むしろ拙いものです。

それでジャズを表現する、というのはどだい無理な話で、しかも、フラメンコの所作はフラメンコの中だから存在し得るものと思っているので、苦しさはつきまといました。

が、音が教えてくれる方向に遅れずに体を動かす、ということの大事さを改めて思い知り、外からフラメンコを見たときに、ああ、だからここはこういう風に踊らなければいけなかったんだ、と再認識することもできて、刺激に満ちていました。

ボーカルの久子さんの熱い思いがなければ、実現しなかったこの企画、その努力に頭が下がります。

本当にありがとうございました!その熱唱に励まされました!

IMG_2612.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2610.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

ギターデユオのかりんとうさん、パーカッションの小山田さん、熱い演奏でカッコ良かったな!

IMG_2604.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2611.JPGのサムネイル画像

 

 

ゲストボーカルのNAHOさんも交え。

NAHOさんが歌うと、濃厚なジャズの空気感に包まれる。すごかった!

 

 

 

楽しかったな。

今年のライブは、この出演が最後でした。

いい締めくくりができました。

久子さん、皆さん、本当にどうも有難うございましたsign03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月が出た出た

10/1に行われました、お月見のつどい、無事終了いたしました。

お越しいただいた皆さま、スタッフの皆さま、どうもありがとうございましたsign03

 

珍しく天候にも恵まれ、涼やかな夜気の中、お月さんに見守られながら楽しい会となりましたconfident

image1 (7).jpg

 

 

 

 

たくさんの子供たちが参加してくれました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7401.JPG

 

 

小学1年のチイちゃんも、無事踊りきりました!

 

 

 

 

出演の皆さん、短期間で仕上げたりと、無理難題押し付けた中sweat01、よく踊りきってくれました、お疲れ様でしたshine

バックアップしてくださいました、あいしまさん、加弥子さん、ありがとうございました!

お手伝いの方、大変お世話になりましたconfident

また、新しい自分に向けて、ガンバってまいりましょうup

 

やっぱり、月夜にフラメンコはよく似合う...

 

MCかみかみで、教室宣伝し損ねたことが残念です。。。

 

西川千鶴フラメンコ教室では、随時生徒さん募集しています。

一緒に熱く踊りたい方、老若男女問いません、お待ちしておりますconfident

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページ上部へ