西川千鶴フラメンコ教室(estudio Aixa)

ホーム

千鶴の独り言

盛夏

7月も今日で最後。

暑い。各地で異常気象。しぶとく生き抜いて、世に還元せねばよ。

フラメンコの道を進まねばよ。

 

6月終わり頃から、すでに暑かった。

熱気と共にやってきた、バルージョのクルシージョを受けた。

言わずと知れた、ファルーコの孫でファルキートの従兄弟だ。

ブレリアのクラスだったが、まずコンパスの説明から始まり、どうペジスコを掴んでゆくか、踊りながら説明してくれた!

コンパスへの没入は、緻密で大胆で、可憐で野生。

 

 

 

 

 

ブレリアの歌詞を書いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日ガルロチへ。

踊り、風貌、ファルーコによく似ている。

彼はまだ26歳。どんな生き様で、どんな踊りを踊ってゆくのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてますます暑かった7月。

大沼先生が企画してくださった、ミゲル・アンヘル・エレディアのクルシージョへ。

プラスエラのブレリアを学ぶ。

仕掛ける、待つ、間合いの妙味、コンパスを味わい尽くす感じ、そばで見られてありがたや〜!

 

 

そして自撮りも上手

 

 

 

 

 

 

7月ラストは「ラ・チャナ」だ

 

 

 

 

 

 

まずフラメンコがあった。

そのコンパスに揺さぶられた魂が蠢き、鼓動となってチャナの中にいる。

ラジオを聴いて自然に覚えたって言ってた。

情報過多の現代では起こりづらいことなのかもしれない。

生きることがフラメンコ、フラメンコは生きること。。。

圧倒的なのは、生身の人間が絞り出す生きた鼓動だからだ。

 

その後、また得難い体験をすることができた。

カンテの鼓動、ギターの鼓動、それら目に見えないものを唯一体現化できてしまう踊り。

だから嘘はすぐバレる。

チャナも言ってた、リズムが全てと。

コンパスを味わって、体の中に入れろ。

音が伝えていることを、アンテナを立てて、しっかり拾って身体で表現しろ。

歌はハミングじゃないよね、内臓絞り出すように歌ってるよね、だから動きもそうじゃなきゃ!

痛みを伴うんだよ。

それがフラメンコ。

 

はい、まんまと魔法にかかりました

語るより雄弁。

シゲちゃん、ありがと

 

夏のスペイン人襲来によって、くすぶりかけてたフラメンコに火がつきました。

久しぶりに踊ってみたい気分です。

願わくば、野外の焚き火の前で、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.estudio-aixa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/849