西川千鶴フラメンコ教室(estudio Aixa)

ホーム

千鶴の独り言

平成振返り 3/2,3ブレーニャ・コンサート

今年に入ってから、ろくすっぽブログの更新もできないまま、令和に突入するのも忍びないので、、、

今年の活動を振り返ってみたいと思います。

 

大沼由紀先生にお声掛けいただき、3/2,3に行われましたブレーニャ20周年記念コンサートのお手伝いをさせていただきました。

 

ブレリアのパルマと、セビジャーナスのパリージョ、という私にとってはある意味踊り以上に高いハードル

カンテに呼応し、一瞬一瞬遅れずに踊りで答えてゆくという、踊り手の深い理解と反射神経が問われる怖〜いブレリア、私が最も苦手とするところであります

大沼先生のブレリアオープンクラスでは、体も頭もとっ散らかって、先生の寿命を縮めてしまったこともしばしば...

ブレリアが自然に踊れる人を尊敬します。

 

コンサートの幕開けは、やっぱりブレリア。

皆さんの踊りの粋なこと

力みなく、小気味よく、じっと待ってからの炸裂、さすがでした。

パルマも力んでしまいそうでしたが、皆さんの醸すリズムが気持ち良く、うねりの中に自然に入ってゆけて、ゾクッとくる瞬間がたくさんありました。

Oleeeeee

 

代教の静香ちゃんがインフルで倒れる、というアクシデントもありましたが、それを見事リカバリー、そしてそれ以上のものを出してゆく皆さんの気迫がすごかった。

どの演目も本当に素晴らしかったです

 

最後に踊った先生は、もはや神がかり的で、言葉より雄弁に全てを体現していました。その目で見るべし

 

参加させていただき、本当にたくさんのことを学ばせていただきました。

貴重な体験でした。

 

荒地に根を下ろし、幾多の困難を乗り越えて咲いた美しい花々たち、

20周年、おめでとうございました

 

大沼先生に「何ここ女囚部屋みたい悪のニオイがする」と揶揄された私たちの楽屋より

 

 

 

みなさま牢名主級の存在感

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.estudio-aixa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/856