千鶴の独り言

盛夏

7月も今日で最後。

暑い。各地で異常気象。しぶとく生き抜いて、世に還元せねばよ。

フラメンコの道を進まねばよ。

 

6月終わり頃から、すでに暑かった。

熱気と共にやってきた、バルージョのクルシージョを受けた。

言わずと知れた、ファルーコの孫でファルキートの従兄弟だ。

ブレリアのクラスだったが、まずコンパスの説明から始まり、どうペジスコを掴んでゆくか、踊りながら説明してくれた!

コンパスへの没入は、緻密で大胆で、可憐で野生。

IMG_3194.jpg

 

 

 

 

 

ブレリアの歌詞を書いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日ガルロチへ。

踊り、風貌、ファルーコによく似ている。

彼はまだ26歳。どんな生き様で、どんな踊りを踊ってゆくのだろう。

IMG_3221.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてますます暑かった7月。

大沼先生が企画してくださった、ミゲル・アンヘル・エレディアのクルシージョへ。

プラスエラのブレリアを学ぶ。

仕掛ける、待つ、間合いの妙味、コンパスを味わい尽くす感じ、そばで見られてありがたや〜!

IMG_3239.JPG

 

 

そして自撮りも上手note

 

 

 

 

 

 

7月ラストは「ラ・チャナ」だsign03

IMG_3249.JPG

 

 

 

 

 

 

まずフラメンコがあった。

そのコンパスに揺さぶられた魂が蠢き、鼓動となってチャナの中にいる。

ラジオを聴いて自然に覚えたって言ってた。

情報過多の現代では起こりづらいことなのかもしれない。

生きることがフラメンコ、フラメンコは生きること。。。

圧倒的なのは、生身の人間が絞り出す生きた鼓動だからだ。

 

その後、また得難い体験をすることができた。

カンテの鼓動、ギターの鼓動、それら目に見えないものを唯一体現化できてしまう踊り。

だから嘘はすぐバレる。

チャナも言ってた、リズムが全てと。

コンパスを味わって、体の中に入れろ。

音が伝えていることを、アンテナを立てて、しっかり拾って身体で表現しろ。

歌はハミングじゃないよね、内臓絞り出すように歌ってるよね、だから動きもそうじゃなきゃ!

痛みを伴うんだよ。

それがフラメンコ。

 

はい、まんまと魔法にかかりましたconfident

語るより雄弁。

シゲちゃん、ありがとsign01

 

夏のスペイン人襲来によって、くすぶりかけてたフラメンコに火がつきました。

久しぶりに踊ってみたい気分です。

願わくば、野外の焚き火の前で、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガの呼吸法とフラメンコ

先日、第1回目のヨガクラスをスタートさせました。

腹式呼吸をメインに行いましたが、意外とこれが難しい...

無意識に行なっていることを意識下でコントロールすることって難しいですよねsweat01

息を吐く→お腹がしぼむ

息を吸う→お腹が膨れる

おへそを強く引き込むことが、まず難しい。

気がつくと、腹の動きが逆になってしまったり。

また、これを、背筋を伸ばして、肩、首や顔を力まず行うのが難しい...

これって、フラメンコにとても似ています。

フラメンコを踊る時、丹田を起点にして、腹圧をあげ、腹壁を立て、腹のエネルギーの通り道を太くして、手足の末端部分へと送ります。

この連動が、フラメンコのリズムにピタリと張り付いて、呼吸のように自然に動いた時、はじめてフラメンコになるんだろうと思ってます。

己の呼吸に意識を向けることで得られることは、たくさんあると思うのです。

 

辻先生が、ヨガとフラメンコについての考察をわかりやすくブログにあげてくださっているので、こちらも是非参照なさってください。

http://ameblo.jp/muhainou-yoga/entry-12388243608.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----muhainou-yoga_12388243608

 

千里の道も一歩から、コツコツコツコツ、積み上げてゆくしか近道なしですねえ〜sweat01

 

第2回目は、

7/10(火)10:30〜12:00

「太陽礼拝と瞑想」

腹式呼吸、火の呼吸、バンダの復習も行います。

奮ってご参加くださいconfident

 

西川千鶴フラメンコ教室では随時会員募集中です。

小金井市 府中市 国分寺市 小平市 武蔵野市にお住いの方、私たちと一緒に踊りませんか?

初心者大歓迎、年齢は問いません。

5歳〜シニアまで、スペインの情熱的な踊りで、ダイエット、美容効果をあげ、ストレス解消!!

貴女からのお問い合わせを、お待ちしております。

メールでのお問い合わせは info@estudio-aixa.com

お電話 042−388−0355

西川千鶴まで。

 

 

 

 

 

 

 

ヨガクラス開講

前回ブログから1週間経ってしまいましたが、、、

 

というきっかけで、クンダリーニヨガを習い始めました。

 

己の持っている潜在エネルギーにアプローチし、揺り起こし、鍛え、上昇させることが目的であるヨガは、踊りにはまさにうってつけ。

けれど、最初に習った呼吸法が難しく、なかなかコツがつかめず...

誰もが寝静まっている、夜明け前の闇の中、聞こえてくるのは己の呼吸音のみ...

体調がイマイチだったり、寝不足だったり、やりたくないなあ〜、という日も、とにかくやり続ける。

すると、火の呼吸の後、尾てい骨あたりからエネルギーが上がってくる感じが、だんだんとわかるようになりました。

そして、ヨガをやった後は元気が漲ってきて、そこからの1日が気持ちよくスタートできることも、ハマった一因。

器用な資でも無いし、体が特別柔らかい訳でもない私ですが、日々の変化が楽しくて、1年やり続けることができました。

 

ヨガを習ったものは、それを教え、伝えなければならない、とされています。

教えることで、落とし込めることも多い、というのは、フラメンコ教室でも実証済みcoldsweats01

根気よく教えてくださった辻先生、教えながら学ぶよう勧めてくださり、いざ、私が開講いたしますsign03

 

IMG_3186.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

「クンダリーニヨガによる、踊りのための心身強化」

第1回 「腹式呼吸、完全呼吸、火の呼吸、バンダで横隔膜を鍛えよう」

6/29(火)10:30~12:00

場所 小金井スタジオ

費用 ¥2500

持ち物 ヨガマット、飲料、動きやすい服装、タオル

 

スタジオ手狭なため、予約制、先着5名様までとさせていただきます。

西川まで。

 

llenaな自分を目指して、始めてみませんかshine

 

 

 

ヨガワークショップ無事終了!

土曜日に行われましたヨガのワークショップ、楽しく無事終了しました!

 

辻先生による、ヨガの歴史、成り立ち、呼吸法の詳しい説明、それがどのように体と心に影響してくるのかなど、なかなか知ることのできないレア情報に、皆さん熱心に耳を傾けていました。

実際やってみた呼吸法と、いくつかの動きには「難しい〜sweat01」との声も上がりましたが、「その日は気持ちよく、すぐ眠りにつけました」と言う声が多数寄せられるなど、その効果を体感できたのではないでしょうか。

 

IMG_3186.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、なんで私がヨガを始めたの?!というところなんですが、、、、

最初に辻先生と知り合ったのは、空手道場をやっている主人です。

辻先生は、アスリートのパフォーマンスを上げるためにヨガを取り入れることを推奨している脳科学者でもあり、

格闘家にヨガの瞑想を取り入れるとどんなことが起こるか?!という被験者に、主人がなっていました。

そこからヨガの凄さを体感した主人は、本格的に辻先生にクンダリーニヨガを習い始めます。

その頃私は、余命1年と宣告された母の看護がしたく、家族を説き伏せて実家に同居し、母の看護、まだ5歳の息子の世話、頑固な父との共存を図りながら、日々格闘していました。

主人も忙しくしていて、なかなか顔を合わせてゆっくり話す暇なんてありませんでした。

そんな折、寸暇を見つけて、ヨガマットを敷いてヨガに取り組んでいる主人。

正直腹が立ちました。

なんでこんなにあたふたしている私の横で、涼しい顔でヨガなんかやってんだろ?!

もっと時間割いて、せめて子供の面倒くらいみてよ!!

という恨めしさでいっぱい。。。

私が怒ると、「お母ちゃんもヨガやってみなよ!!」

という能天気な返事。

ああ、そうかい、家族の一大事より、ヨガかい、、、

と怒りは火に油をそそぐが如くになりましたが、一方で、呼吸の仕方や体の動かし方に興味が湧くことしきり。

ヨガのことを色々質問するようになりました。

ああ、それじゃあ、病人にもいいね、と、母にも伝授したりするようにもなりました。

 

今となっては、ああ、主人も主人で環境に適応するのに大変な思いをしてたんだな、ヨガと出会えたのは必然で、ヨガに助けてもらってたんだな、と理解してますがね。

 

母を見送り、子供も小学校に上がり、少しずつ少しずつ、いろんなことが元通りになってきた頃から、主人にお願いしてヨガを教えてもらうようになりました。

が、なかなか尾てい骨から背骨へと熱が上がる感じがつかめず、主人の先生にちゃんとついて学びたい、と申し出、辻先生を紹介してもらった、という流れです。

 

何事もそうですが、出会いにはタイミング、というものがありますね。

 

次に続く・・・

 

 

 

 

 

ヨガワークショップ

風薫る5月が駆け足で過ぎて行きました。

日々、思うところはたくさんあり、逆に混沌としてしまった5月。

末には約5年ぶりに熱まで出して、知恵熱かsign02

まずは、1日何か1つ、片付け物をすることをチマチマと実践している今日この頃です。

 

5月内に、アントニオ・カナーレスとカルメン・レデスマを観に行きました!

例えて言うと、とんこつラーメン、脂、ニンニク増し増し、みたいな、フラメンコがギットリ溢れ出す、それはそれは濃厚な世界でしたsign03

観た後はお腹いっぱいで胃もたれしそうなくらいのエグミと深み。

呼吸すること、立つこと座ること、生きてること、存在自体がフラメンコで、それは圧倒的でした。

素晴らしき中年、カッコイイなあ、と思います。

衰えではなく、熟成発酵、私も発酵目指してゆかねば、と思いましたよsweat01

 

さて、私の熟成発酵を促す手段として、2016年の冬より、クンダリーニヨガを辻良史先生のもとで習い始めました。

踊りに絶対不可欠の体幹意識、またそのエネルギーを脳まで上げ、末端にまで行き渡らせる力、音への集中、精神の安定など、クンダリーニヨガの良さは測り知れず、ぜひ皆さんにもそれを体感していただきたく、ワークショップを開催する運びとなりました。

 

6/9(土)14:00~16:30ころ

場所 禅道会小金井道場 http://www.zendokai-tokyo.com/school#ttl-koganei

   JR武蔵小金井駅北口から徒歩15分。

   西武バス1〜3番乗り場にて4分「小金井橋」下車、徒歩0分。

講師 辻 良史先生

持ち物 ヨガマット、動きやすい服装、タオル、飲料、筆記用具

 

詳しくは西川まで。

 

フラメンコとは異なる切り口でありながら、フラメンコの真髄に触れることができると思います。

変化する自分に気づけるチャンスかもしれませんconfident

とても楽しみですnote

 

 

 

 

 

4月振り返り グラナダチャレンジ

自分の中にくすぶっている炎、見てみない振りをしてやり過ごしてゆくことも自己防衛なのだろうけど、今年に入ってから、何かに突き動かされるように、今しかできないことをやらなければなるまい、と考えていた。

自分の練習に割く時間が取れなくなっていることへの苛立ちだったり、無為に年を経ることへの焦りだったり、今までは、仕方ないこと、と目をつぶってこなしてきたことなのに、違うだろう、と抵抗してみたくなっていた。

グラナダで踊れる権利をかけてのオーディションに申し込んでみようかな、という気になった。

グラナダで、という言葉が一番の吸引力だったかもしれない。

締め切り直前まで迷いに迷って、どうせ一度の人生、今更失うものも何もないのだから、やってみよう!と決めた。

 

決めてからの1ヶ月は、後悔の連続、、、

自分が何を言いたくて、何を表現したくて、どんなフラメンコが好きで、、が、ブレまくった。

振るとカラカラと音がするくらい、空っぽになっていく気分だった。

今思えば、そこがオーディションの落とし穴。

オーディションに出るからには、受かりたい。

フラメンコをリスペクトすることは大前提として、審査員の顔ぶれ、7分半という時間制限、自分はここまでの技術を持っているんだというアピール、舞台の使い方など、、受かるからには、いろんな側面からの傾向と対策が必要だ。。。

そうたくさんの引き出しを持ってるわけではないのだが、それでも、何を選び、何を捨てるか、で随分悩み、苦しんだ。

そして、全くもって、わからなくなった。

そして、戻った。

自分が好きなこと、今やれることをやるしかないんだ。

 

スタジオに行って毎日練習するのも久しぶりだな、、、

家の中がハチャメチャになってゆく、子供にしわ寄せがいってしまう、毎日ゴメン、と言いながら取り組んだ。

キッツかったよ〜

けど、自分の時間を作るのって、やればできるかも!と思えたのも怪我の功名。

 

出来上がったタラントは、私以上でも私以下でもなく、今の私の等身大だ。

そして、好きなことは入れ込めた!!

これで勝負。

 

結果は、、、

 

残念ながら、選外。

が、至極当然、という気持ちでもあった。

 

当日は、お忙しい中駆けつけてくださった大沼先生にもお会いできた。

練習に付き合ってくれたはっちゃん、グラナダ仲間の郁美ちゃんも楽屋に陣中見舞いにきてくれた。

この人がいなかったら、フラメンコ続けてなかった、スーザンは、ママと来てくれた。

スタジオの生徒さんたちが笑顔で迎えてくれた。

熱いハレオをかけてくださり、踊ってる最中、どれだけ勇気づけられたことか。

 

行き詰まっていた私に、たくさんのアドバイスをくれたあっちゃん。

わがままな挑戦を理解してくれたスタジオの皆さん。家族。

 

ひたすら感謝しかありません。

本当に、どうもありがとうございました!!

 

結果は出なかったけれど、挑戦してみて見えたことがたくさんあった。

結果は、死ぬ時でるよね。

その日まで、私は挑戦し続けて行きたいと思ったし、表出は踊り手の使命だと思ったし、それをやり続けていくことが、私の強さになっていくのだと思います。

 

最後に、、、

 

グラナダは、遠きにありて思うもの、、、

そして、行きたい時に、好きな人たちと行って、好きな人たちに会いに行くところ、、、heart04→負け惜しみsign02

 

IMG_2595.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月振り返り...その4小金井市桜まつり

やっとここまで追いついてきた!

3/31(土)に、小金井観光協会主催、桜まつりに出演してきましたcherryblossom

 

例年、寒かったり、天候に恵まれなかったりと、何かしらの負荷がつきものだったのですが、今年は珍しく晴天sign03

しかも、思ったほど冷え込みもなく、そして満月fullmoon

 

IMG_3109.JPG

 

みっしりと咲き誇る桜の上より、煌々と照らす満月。

負けじと花を添えるsign02我ら!

 

 

 

 

IMG_3117.JPG

 

 

花より団子より踊りnotes

 

 

 

 

IMG_3122.JPG

 

 

あっちゃん、範子姐さん、熱演熱唱、そしていつもながらの強力なサポート、ありがとうございましたsign03

 

 

 

 

 

終演後は、桜の下にて宴会wine

懐かしいメンバーに会えたり、美味しい差し入れに舌鼓を打ったり、楽しいひと時でした。

応援にかけつけてくださった皆様、ありがとうございましたshine

観光協会の方々、大変お世話になりました。

チラシ配りのお手伝いしてくださった方々、ありがとうございましたsign01

 

西川千鶴フラメンコ教室では、4月より新規クラス開講いたします。

木曜日 11:30~12:30 入門クラス

金曜日 19:30~20:30 入門クラス

4月内入会の方は、入会金¥5000を無料とさせていただきます。

レッスンはお月謝制で、月4回¥9000です。

無料体験・見学随時承っております。

 

お問合せ 042−388−0355(西川千鶴)

または、このHPのお問合せページより、メールにてお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月振り返り...その3エスペランサ

「港に着いた黒んぼ」の余韻冷めやらぬ中迎えた、エスペランサ出演。

お忙しい中お越しいただきました皆様、ありがとうございましたconfident

 

あっちゃんのカッコいいブレリアや、正由美さんの熱唱、恵美さんのキレのあるモダンな踊り、静さんの的確な踊り、和やかな雰囲気で、楽しいライブとなりました。

IMG_3084.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブって、やっぱりいいですねshine

 

皆様の応援が、いつも励みになっております。

どうもありがとうございましたnote

 

 

3月振り返り...その2 港に着いた黒んぼ

3月半ば、大沼由紀先生が客演される、小川未明作「港に着いた黒んぼ」を観にいってまいりました。

 

小川未明の作品は、児童文学でありながら、人間のどうしようもない欲ぶかさや、避けようのない死などをテーマとするシュールなものが多く、その仄暗さに惹きつけられ、子供のころ愛読してました。(←根暗な子供sign02

先生が、「港に着いた黒んぼ」の、踊り子である姉の盲目の弟役を演る、と聞いた時から、絶対観に行きたい!!と決めていました。

 

舞台途中より、涙が止まらなくなりました。

言葉より雄弁に体が語る、とはまさにこのことだ、と思いました。

肩よせ合い支え合って生きて行く姉弟の愛、それを断ち切る欲、打ち捨てられた弟の哀しみ、失ったもののあまりの大きさに気付き絶望する姉。

 

朴訥とした語り、笛の音、異国の調べ、歌、その全てと呼応しながら体が胸の内を語る、、、

心が激しく揺さぶられました。

あの弟役は、先生にしかできない、と思いました。

フラメンコでありながら、フラメンコを越えていってしまう、だけど内面の表出というところではまさにフラメンコ、という無限の輪みたいな舞台でした。

 

しばらく、その余韻から抜け出せないでいた3月半ばでありましたconfident

 

 

 

 

 

 

3月振り返り...その1マグロ

駆け足で過ぎ去った3月、確定申告やら新旧役員交代やら、めまぐるしいスピードで空回りsign02して行きましたsweat01

4月に入ってしまいましたが、ここで3月を振り返っておきたいと思います。

 

初旬にあった、マグロとフラメンコの夕べ、無事終わりましたー!

 

IMG_3066.JPG

 

苦労したファルーカ。

 

 

 

はっちゃんとああでもない、こうでもないと、叩き上げ、アーティスト陣に助言してもらいながら作っていったファルーカは、その過程が楽しかったし、勉強にもなりました。

その曲に没入して、内側を作った後、表に出して、磨きをかけて行く、その一連の行程に手を抜いてはダメだな、と痛感いたしました。

 

はっちゃんのソロ曲、ソレアはとても素晴らしく、はっちゃんが表現したい内側が良く伝わってきました!Oleeeenote

 

私のソロ曲、アレグリは、詰めが甘くsweat01、迷いながらの苦し紛れの一発、反省しきりです。。。

 

マグロパーティーは、定番お刺身、マグロ丼から始まり、カルパッチョ、トマト煮込み、パスタ、フライまで、どれもこれも絶品でした!!

お客様の中の一人の紳士から、「フラメンコは、エロスとタナトスを表現してるんでしょ?!」と問われ、タナトスの意味をウイキペディアでこっそり調べた、という顛末もありましたsweat01

タナトス、とはギリシャ神話に出てくる死神だそうで、のちにフロイトが攻撃や自己破壊に傾向する死の欲動を意味するものとして定義づけしたようです。

博識の紳士の方、我々の舞台が少しでもそのような景色に見えたのなら、励みになりますconfident

IMG_3067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございましたsign01

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページ上部へ