千鶴の独り言

ヒナちゃん

6日の朝、ヒナちゃんが天に召された。

ほぼ19年、一緒にいた。

足腰がきかなくなってから、1週間ほどで逝ってしまった。

飼い主思いの、手がかからない子だった。

最期の朝も、静かに寝ていたんだけど、「その時が来たら必ず教えてね」と伝えてあった。

手足をもがくように動かし、か細い声で鳴いた。

あゝ、そろそろなんだな、と思い、抱っこした。

撫でてあげると、落ち着いた。

だんだんと呼吸が遠くなってゆく。

最期は主人と私の腕の中で、かすかに鳴くように息を吐いて旅立った。

 

私たち家族がドタバタした日常を過ごしている間、いつもそっと寄り添って癒してくれた。

まんまるで、あたたかくて、黒い瞳でじっと見てる。

高い声でミャアと鳴き、エサちょうだい、トイレだよ、抱っこして、、上手に気持ちを伝えてくる。

IMG_0006.JPG

 

 

在りし日のヒナちゃん

 

 

 

 

IMG_0003.JPG

 

 

私がヨガをしていると、なぜか横にきてまあるくなってうたた寝・・・

 

 

 

 

優しい子...

マンションに住んでいた時、5Fから落っこっても、無事生還した強い子だった。

新入りのクウが来た時は、ストレスで毛が抜けまくってしまったこともあった。

ちょっと臆病で、おとなしかったけど、おばあちゃんになってからはレオとクウを蹴散らすほど強くなっていた。

ひなちゃん、たくさんの愛をどうもありがとう。

ハリーもレオも迎えにきてくれたね。

こちらは寂しくなるよ。

どうにも腹に力が入らない。

けど、向こうで会うまで頑張らなきゃね。

ありがとう、ヒナ。

 

 

 

 

 

緑陰より

一昨日、友人の訃報を知った。

昨年11月に亡くなっていた。

ご家族と連絡がついた。

亡くなる前日まで、幼稚園の娘さんのお弁当を作っていたという。

病気と諦めず向き合い続け、戦い抜いて、力尽きた。

壮絶で、あっけなく。

彼女の無念を思うとやりきれない。

 

実業団の駅伝の選手だったこともある彼女は、体力にも自信があり、フラメンコが大好きで、セビージャが大好きで。

何にもとらわれず、好きなことに夢中になって打ち込んでたあの頃、誰がこんな景色を想像しただろうか・・・

 

来世なんかないよな、と思う。

この顔で、この体で、この個性で生まれてきたのは今生で間違いなく、それゆえ一期一会。

だから、やっぱり今に集中するしか無いんだと思う。

故人たちが命を賭けて送ってくれたメッセージ。

粗末に生きるわけにはゆかない。

 

 

ありがとうございました!

先日のソレアドでのライブにお越しいただきましたみなさま、雨天の足元悪い中、どうもありがとうございましたsign01

 

ライブの時は、いくつか自分なりのテーマを決めて、こんな風にとかあんな感じで行こうと、かなりイメージして取り組んで行きます。

あるところではそれがうまくはまったけれど、あるところでは外しちゃったな、とか、いろんなことが起きる生ライブではそれもまたつきもので、面白くもあり、怖くもあります。

手を抜いてたつもりはなかったんだけど、結果雑になってしまったり、ものすごく頑張ってやってきて際立たせたかったところがポシャったり。

あゝ、もっと多岐にわたり緻密でそして大胆なんだな、と、そしてやっぱり負荷をかけての意識と反復が鍵なんだな、と思った次第です。

はい、まだまだ全然足ラントよsweat01

 

共演の吉田さん、地の底から湧くマグマのようなバイレ、ある時は耐えて待ち、そして爆発、のコントラストがすごくて、素晴らしかったです。華麗で花がある久恵さん、長い手足を生かしたモダンな踊りが素敵でした。

共演の方々からも、とっても良い刺激を受けたライブでした。

ありがとうございましたconfident

 

さて、もひとつ、私の心を奮い立たせてくれた映画の話・・・

IMG_2253.JPG

 

 

 

 

 

フラメンコじゃなくてゴメンなさいcoldsweats02

あのブルース・リーの師匠であった、イップ・マン。シリーズ3。

1、2を観てなくても楽しめます。

私は涙が止まりませんでした。

格闘シーンも美しいし、家族愛の話です。

マイク・タイソンも出てきます、そしてあの人も。

絶賛公開中ですsign01

 

私も日々修養して、品格のある踊り手に成長して行きたいもんですconfident

 

桜まつり無事終了!

4/1,2で行われました、小金井市桜まつりのイベント、無事終了いたしました。

出演の1日は、夜からの雨が残り、夕方になっても降ったっり止んだり。。。

しかも、寒〜いmist

天候不順に慣れっこの私たちsign02にも、ちょっと厳しい条件でしたが、今年から初の試みである夜桜ライトアップの、トリを務めさせていただく、ということで、寒さもつぼみもなんのその、全力で向かわせていただきました。

IMG_2238.JPG

 

 

出番待ちの間は震えてましたが、舞台上ではヒートアップspa

 

 

 

 

IMG_2240.JPG

 

 

ノースリーブで勝負sign03の生徒さんもnote

 

 

 

 

出演の皆さん、お疲れ様でした!

そして、寒さの中、一緒にお付き合いいただきましたお客様、小金井市観光協会のみなさま、本当にありがとうございました。

今年の桜も、本当に思い出深いものとなりましたconfident

 

スタジオに場所を変えての打ち上げ、アメリカから1年間日本に戻ってきているMちゃんとドールに凝ってるKママという懐かしい顔も揃い、こちらも又盛り上がりましたclub

 

今日あたりとても暖かく、そろそろ春本番cherryblossom

新年度のテンション上げていきたいと思いますshine

 

 

 

 

サクロモンテの丘

2/18より公開されている「サクロモンテの丘」、ようやく見にいってきました。

FullSizeRender (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に私が第二の故郷呼ばわりしている、グラナダ、サクロモンテ。

あの当時も不可侵だったけど、やっぱり彼らのものなんですね、フラメンコって。

貧しくてもしたたかで、快楽的で、悲劇の中にあってもへこたれなくて、その思いを共有するのがフラメンコの空間で。

内奥から吹き出る思いが、肉を震えさせ、あの静かな、時に狂気じみた動きへと繋がってゆく。

原始のおどりのように。

だから見るものを熱狂させ、引きつけて離さないんでしょうね。。。

やっぱり遥かなる遠い憧れだ・・・

見る側に徹していれば良かった・・・

もう遅いけど。

好きなんだから仕方がない、片思いなりにがんばりましょconfident

みなさん、機会あったら是非見に行ってみてくださいsign03

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

先日の教室ミニ・ライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございましたconfident

皆様の暖かい応援のおかげで、なんとか無事終えることができました。

 

出演したメンバーも、それぞれの持ち味を存分に発揮できたのではないかと思います。

本番が一番良かったですup

これを契機に、引き続き精進していってくださいsign03

ポンコツな我らを、後ろから熱血強力サポートしていただきました、大橋さん、鈴木さん、本当にありがとうございましたnote

 

また、裏方として行き届いたお手伝いをしてくれた、えっちゃん、ありちゃん、ちかちゃん、どうもありがとうございましたsign03

 

そして、思い出のつまったエスペランサ。

ここで初めて舞台に立ち、以後色々な経験を積ませていただき、育ててくれた場所。

私にとって、暖かいゆりかごのような場所で、今回のライブを行うことができて、本当に良かったです。

マスター、ママ、ありがとうございましたsign03

 

応援してくださった生徒の皆さん、次はあなた方の出番ですよ〜confident

IMG_2204.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

音合わせ

1ヶ月後に迫ってまいりました、教室のミニライブ。

昨日、カンテさんギターさんを呼んでの音合わせでした。

そう、音合わせ。。。

そもそもが、音って、空気の振動、うねりが耳に届くもの、目に見えた形としては残らぬもの。

それに合わせて踊るってことは、聴覚で捉えたものを視覚化してゆく作業で、そりゃあ難しいに決まってます。

よその国の音楽ですから、なおさらです。

だからこそ面白いし、勉強しがいがあるし、イマジネーションの広がりもあるのだと思います。

今回出演するメンバーたち、それぞれが自分の課題と向き合いながら、音に対して逃げずに向かって行ってました!

まな板の上の鯉状態の中で、音に集中していくのは大変なことです。

もがき苦しみながら、一条の光を求めて立ち向かってゆく姿が、皆雄々しく美しく、清々しい思いをした昨日でしたshine

あと1ヶ月、産みの苦しみを噛み締め味わいながらsign02、引き続き頑張って行って欲しいと思います!!

FullSizeRender.jpg

 

 

始動!

あっという間の七草、当教室は1/5(木)より、始動いたしました!

 

木曜クラスの皆さん、お正月明けにも関わらず振りもよく覚えていて、体も動くし、感心しました!

 

レッスン風景を撮ろうと思っていたのですが、失念してしまいましたsweat02

そこで、金曜クラスの様子を撮らせていただきました。

IMG_2152.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりのセビジャーナス、意外とハードですよね、セビジャーナスsweat01

 

皆さん、どのクラスの方も、ようく振りを踊れていて、2〜3週間ぶりとはとても思えませんでしたup

オレ〜ですnote

 

今年もまた、楽しみですheart04shine

 

 

おんな正月

あけましておめでとうございますshine

旧年中は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますconfident

 

さて、お正月休みと言えば、一年の疲れを癒し、翌年に向け英気を養う充電期間にしたい、とずう〜っと願っていました。

が、そうじゃあないんです。

そもそもがそうじゃあないんです。。

お正月休みとは、外界に向けていた意識を家族に向き合わせ、尻の重い男たちを追い立てながら、ひたすら家内のために忙しく立ち回る、そんな行事なんです。

と、位置付けることで、抱えてたジレンマ、ストレスを解消しつつある昨今。

おんなの愛は偉大なり。

母が元気な時は、みんな当たり前のようにそこに甘えていましたが、母亡き後、私にお鉢が回ってきました。

推して知るべし、親の苦労...

 

普段は個で生活している家族が一つのリビングに無理やり集まり、同じ料理を食べ、見たくないけど同じテレビ番組を見て勝手な批評をし、カラオケを歌い、語り、飲み、そして飲み、飲み〜〜〜。

おんなはゆっくり腰を据える暇なく働く。働く。働く。そして、気が利いてるんだ、男と違って。

男どもは、手伝って!と頼んだことしかやってくれない。

やってくれるだけマシかもしれぬが、日本の原風景なんだろ、奴らに刷り込まれた情報を書き換えるのは至難の技だ。

あきらめてませんがね。

 

だから、おんな正月は必要なんだと、声高らかに宣言したい!!

こっからは私の妄想ですdiamond

興味のある方のみお付合いくださいsmile

 

とにかくな〜んにもしたくない。

一切の家事から解放され、非現実空間を味わうために、わたしゃ雪国の秘湯に行きます。

足は電車。

横にはイケメン、と一瞬考えたけど、会話考えるのも面倒くさいし、変な緊張感も要らないので却下、

車窓に流れる景色をアテに、プレミアムモルツで頑張った自分に乾杯!

目的地に着く頃にはほろ酔いですよ!昼なのに!ああ、旅の醍醐味。

 

宿の送迎車が待っててくれて、「西川様〜〜、お待ちしておりました、ささ、どうぞこちらへ〜〜」

秘湯の宿なんだけど、荘厳で美しくて清潔感があって、使い勝手の良い宿がいいなあ〜。

なんせ、私、なあんにもしたくないんだから!!

まずは露天でひとっ風呂spa

空からは雪がちらほら舞ってきて、何て幻想的!!

たらいに乗った徳利が流れてきて、完全に仕上がる感じです。。。

 

お部屋で夕食まで爆睡。

電話で起こされ、「西川さま〜、お夕食の準備ができました〜」

ところ狭いしと並ぶ、並ぶ、海の幸、山の幸!!

まずはビールで軽くお湿り、のち地酒にチェンジ〜

たっぷり3時間は楽しむ一人宴会note

妄想なのに、かなり出来上がってきました〜

 

一旦床を用意してもらって、ちょっと寝ようかな...

2時頃目覚めて、また温泉へ。

夜はまたさらに幻想的。雪が降ってくるのか、自分が天に吸い込まれていくのか、錯覚を起こすかのよう→泥酔してない!

しばし夢世界へ。

これでアルコールは飛んだ!!

夜会第二弾の始まりです。

 

お部屋に戻ってビールで喉を潤します。

ぷは〜〜生き返った〜〜!!

雪見障子を開けて、雪と一献、また一献snow

至福の時...

 

ここまで書いてきて、なんだか自分がちょっと哀れに思えてきた...

ようし、実現してやる、おんな正月〜〜〜

男どもめ、覚えておけよ〜〜〜punch

わ〜はっはっは〜shineshine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サル年が去る...

今年も残すところ2日となりました。

ざっくり振り返りたいと思います。

 

1月、発表会で幕を開けた今年、焦りを持ち越しての新年となりました。

が、土壇場の気迫や、チームメイトを思いやる気持ちなど、いいものをたくさん見せていただきましたshine

そして、あの発表会が、図らずもエル・フラメンコで行う最後の発表会となってしまいました。

 

2月、子供を連れての渡西、懐かしい顔、懐かしい景色、胸が打ち震えました...

子供と行けたことが、私自身が勝手に作っていた限界枠みたいなものを、取っ払わせてくれました。

 

春の気配とともに我が教室が仕込み?!に入る、桜まつり。

曇天ではありましたが、今年も降られることなく無事に行えました。

だいたいこの時期まだ寒くて、桜の宴会はほぼ我慢大会ですが....

 

ゴールデンウイーク前後から、エルフラ最後のライブの準備に。

「やくそくの場所」。

こっから夏まで、時間はたっぷりあったはずなのに、なんか間際までやたらもがき苦しむ思いしかしなかったな。。。

刺激的なメンバーとエルフラに立てて、終われば本当に楽しかった。

 

その間に、教室行事としては、スタジオコンサート(と呼んでしまおう)を7月にやったなあ。

衣装も着て、習ったところまでの全力投球。

程よいゆるさと緊張感と、やっぱり継続したい行事ですnote

 

そこから、お月見のつどいへ、シフト。

こうしてみると、なんだかんだ忙しかったね、我が教室...

こちらも毎度のごとく、天候にやきもきしながらも、やはり降られず、月も拝めて、あなたのしfullmoon

 

師走頭はコラボライブ。

他ジャンルのアーティストの方々と絡める、勉強になるライブ、これで3度目です。

自分の限界を突きつけられながら、なにくそ、と発奮できる貴重な現場です。

 

そして、スタジオおさらい会と忘年会。

日頃顔を合わせない他のクラスの人たちの踊りを見る機会でもあり、お互いが刺激を受ける良い機会になったのではないかと思います。

次回は焼き鳥の本数をもっと増やそうと思います、ごめんなさいcoldsweats01

 

人には様々な事情があって、抱えてることも感じることも日々たくさんあって、生きていくのって世知辛いと常々思うのですが、ほんの数分でも数秒でも、フラメンコが別次元へ誘ってれるので、そこに乗っかって夢見ることができれば、案外救われたりするんだよな、というのを強く感じた1年でした。

 

やっぱりフラメンコ大好きです。

私は立派なフラメンコ職人になりたいですconfident

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページ上部へ