西川千鶴フラメンコ教室(estudio Aixa)

ホーム

千鶴の独り言

フラメンコ無料体験会のお知らせ

フラメンコに興味のある方、やってはみたいけどダンス経験ゼロだし..と迷っている方、激しそうな踊りだから無理でしょ、と諦めている方、そしてスペイン好きな方!、試しにちょっと体験してみませんか?

 

フラメンコ体験会〜タンゴのリズムに合わせて〜

 

日時 11/30(金)、12/7(金)、12/14(金)、12/21(金)

           いずれも10:30~11:30am

場所 西川千鶴フラメンコ教室

   武蔵小金井駅北口から徒歩5分

持ち物 動きやすいTシャツ、トレーニングパンツ、あればフレアスカート、太めのヒールのある靴(なければバレーシューズ的な室内履き)、タオル、飲料

 

お問合せ、お申込み、西川千鶴フラメンコ教室、西川まで。

電話 042-388-0355

HPメールからも受付けております。

 

一緒に楽しく踊りましょう

 

 

発表会無事終了!

日曜日に行いました第10回発表会、無事に終了いたしました

今回は、出演者減少から、取りやめることも検討した発表会でした。。。

が、踊りたい!!という、生徒さんの熱意に引っ張られる形で、なんとか漕ぎ着けることができました

 

お忙しいところ応援に駆けつけてくださった、たくさんのお客様、ありがとうございました

裏方として縦横無尽に駆けずり回ってくださったお手伝いの方々、ありがとうございました

そして、、、

大橋さん、大渕さん、あっちゃんの力がなければ、グダグダでした、堪えて支えてくださり、本当にありがとうございました

 

生徒さんたち各々が、自分の力を出し切ったいい発表会だったと思いますよく頑張ったね、ありがとう

 

   

 

 

 

 

小学生トリオ、初舞台とは思えない堂々とした踊りっぷりでした

 

 

 

 

 

by加代子さん

 

 

 

フィナーレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by蔦谷さん

 

 

 

 

 

  

 

踊り手の阿部さんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣装のソニア・ジョーンズさんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽子さんからのフラワーソープ。

 

 

 

 

 

 

 

素敵な花々をありがとうございました!

 

みなさんからの心意気をいただいて、さあ、こっから、教室も私も立て直して、また頑張ってゆくよ〜

スペイン便りと発表会と

ハロウインも過ぎ、気付けば11月、、、

今年が駆け足で終わってしまうよ、、、

だけれど、祭りはこれからです

 

まずは、かなりアップ遅くなりましたが、Yちゃんに続きグラナダ滞在を果たした3人娘たちの姿から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の留学時代の師匠だったMaicaのクエバで。

グラナダのタンゴを学び、サン・ニコラスからアランブラを眺め感慨に浸り、と、グラナダ満喫して帰ってきました!

俺も行きたかったぞ!!

 

その後あたりからです、発表会モードで教室中キリキリ舞いになってきたのは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、気付けば来週の日曜日ではないですか

あれやらなきゃ、これやらなきゃ、てんてこ舞いでございます

気合あるのみ

みなさん、しまって行きましょう〜

ライブ無事終了!

お礼が大変遅くなりました

先日のアルハムブラのライブにお越しいただきましたみなさま、お忙しいところありがとうございました

 

いろんなことがあって、なかなかフラメンコに集中することが出来ない状況ですが、だからこそフラメンコの瞬間は自分にとってものすごく貴重です。

旧知の仲である阿部碧里さんの企画、ガロティンのパレハ楽しかったなあ

振りを覚える手間を気の毒に思って、私の振りに寄せてくれた阿部ちゃん、振り取るの早いし本家超えて素敵だし

リズムのツボが心地よくて、楽しい瞬間でした

 

これまた久しぶりの共演のシルさん、いぶし銀の魂のソレポルカッコ良く、みずえちゃんは華麗なグアヒーラで進化をアピール。

楽しいライブでした

はい、シギリはバッサバサしちゃって、反省しきり

精進、精進。。。

 

 

 

楽屋で。カンテのみほさんは、メイク落とした後だった

 

 

 

 

いつもながら来てくださる生徒さん、久しぶりに会えた先生時代の友人たち、親子二代のフラメンカたち、応援ありがとうございました会えて嬉しかった

 

キリなく進め、フラメンコ道、時にはゆっくり、時には急足で。

今は減速モードだけど、それでも進んでいるんだよ

いや、進んでいるつもり

 

 

 

盛夏

7月も今日で最後。

暑い。各地で異常気象。しぶとく生き抜いて、世に還元せねばよ。

フラメンコの道を進まねばよ。

 

6月終わり頃から、すでに暑かった。

熱気と共にやってきた、バルージョのクルシージョを受けた。

言わずと知れた、ファルーコの孫でファルキートの従兄弟だ。

ブレリアのクラスだったが、まずコンパスの説明から始まり、どうペジスコを掴んでゆくか、踊りながら説明してくれた!

コンパスへの没入は、緻密で大胆で、可憐で野生。

 

 

 

 

 

ブレリアの歌詞を書いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日ガルロチへ。

踊り、風貌、ファルーコによく似ている。

彼はまだ26歳。どんな生き様で、どんな踊りを踊ってゆくのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてますます暑かった7月。

大沼先生が企画してくださった、ミゲル・アンヘル・エレディアのクルシージョへ。

プラスエラのブレリアを学ぶ。

仕掛ける、待つ、間合いの妙味、コンパスを味わい尽くす感じ、そばで見られてありがたや〜!

 

 

そして自撮りも上手

 

 

 

 

 

 

7月ラストは「ラ・チャナ」だ

 

 

 

 

 

 

まずフラメンコがあった。

そのコンパスに揺さぶられた魂が蠢き、鼓動となってチャナの中にいる。

ラジオを聴いて自然に覚えたって言ってた。

情報過多の現代では起こりづらいことなのかもしれない。

生きることがフラメンコ、フラメンコは生きること。。。

圧倒的なのは、生身の人間が絞り出す生きた鼓動だからだ。

 

その後、また得難い体験をすることができた。

カンテの鼓動、ギターの鼓動、それら目に見えないものを唯一体現化できてしまう踊り。

だから嘘はすぐバレる。

チャナも言ってた、リズムが全てと。

コンパスを味わって、体の中に入れろ。

音が伝えていることを、アンテナを立てて、しっかり拾って身体で表現しろ。

歌はハミングじゃないよね、内臓絞り出すように歌ってるよね、だから動きもそうじゃなきゃ!

痛みを伴うんだよ。

それがフラメンコ。

 

はい、まんまと魔法にかかりました

語るより雄弁。

シゲちゃん、ありがと

 

夏のスペイン人襲来によって、くすぶりかけてたフラメンコに火がつきました。

久しぶりに踊ってみたい気分です。

願わくば、野外の焚き火の前で、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11