夏の夕暮れ

本日も暑い中レッスンお疲れ様でした💦

帰宅し、犬の散歩やら夕飯の支度やらを片付け、投票に行ってきました。

夏の夕暮れは鈍色の空にポッカリお月さんが浮かんで、風も涼やか、ひぐらしの声が情緒を誘います。って、どんだけ田舎だろ、うち方面、一応都内なんだけどね。

毎朝毎夕の散歩道

途中の公園では、小さな子供とお母さんたちが遊んでいて、なぜだかふっと涙ぐみました。この国は戦争をしていた時期もあるし、災害に見舞われた時期もあるし、疫病や飢饉に見舞われた時もあるけれど、ここまで存続してきて、今こうして私も生かされている。命を賭して先人たちが築いてきたものの上に、私はどっかりと胡座をかいている。この平穏の日常は、稀にみる奇跡的なものであるにもかかわらず。

私の役割。。。そんなことを考えながら、一票を投じてきました。

さぁ、日本国民はどう動き、どんな感情を票に込めたのだろう⁉️

母の命日

今日は7回目の母の命日。

闘病の2年間はもがくように過ぎた。が、母の介護の間、その愛の深さをものすごく感じることができて、この愛の深さに私は到底及ぶまい、とよく思ったものだ。

もっともっと生きたかったよな、生きて楽しいことまだまだしたかっただろうな、と切なく思う。死に向かう姿は諦めと寂しさが滲み出ていて、病に倒れるまでは人一倍明るくて元気だっただけに、胸が塞がった。

だから、元気だったころの母の思い出を。

母は若い時分より箏曲にのめっていて、山田流の免許皆伝、永島園亜都という芸名をもっていた。三味線なんかもできて、たまに謡もした。私は特に箏曲の音色が好きだった。

こんな写真が出てきたので、載っけてしまう!

私は物心つく前から、日舞をやらされたり、ピアノをやらされたりと、芸事が好きだった母は、私を仕込みまくってた。が、どれもあんまり好きではなくて、唯一箏曲だけは好きだったんだけど、、、

身内を教えるのって、多分難しい。母は、私がちょっとできないと、結構な勢いで叱咤してくるので、それが嫌で箏曲からも離れてしまった。

残念、、、!

和のもの続けていれば、また違った人生だったろうなぁ。なんでスペインのフラメンコに惹かれたかなぁ😫

そんな経緯があるもので、私がフラメンコで身を立てるに至った時は、それはそれは大喜びした。言わば私のファンクラブ1号で、最大のサポーターだった。

母が病気になってしまった時、私は母の愛の庇護を限りなく受けていたのだな、と気付かされた。まったくもって全然及ばない。なんのお返しもできないまま逝っちまった。

踊り手の阿部碧里ちゃんからいただいた芍薬。華やかな色が大好きだった母。喜んでる。

義母からいただいたトルコ桔梗。紫もまた母の大好きな色。

母はなぜか私の作るパエージャが大好きだった。今日はなんちゃってパエージャしか作れなかったけれど🙏

お心配りありがとうございました。母も喜んでます。

小さい頃は思いもしなかった、芸事で身を立てるということ、そこに身を置いたならば、命ある限りは、一歩一歩、前進してゆかねば嘘になるよね。母の分までがんばらねばよ。

そんなことをつらつら思った母の命日。

筋トレって素晴らしい!

蒸し暑い梅雨空が続いています。ジメッ、ジトっと体が重い、、、こんな日は、思い切って身体を動かし汗を流すと、爽快感が得られたりします。

レッスン前に希望者と共に筋トレの時間を20分程度設けてから、1ヶ月半経ちました。

目的は、もちろん、踊りの上達のための体幹作り!なのですが、嬉しい声が聞こえてきます。

「体脂肪率が落ちた!」「40肩が楽になり、肩甲骨回りが動く様になった!」「サパテアード(足で床を打ち鳴らす)が楽にできるようになった!」

などなど。また、スタジオでのみならず、毎日の生活の中にどれか一つでも取り入れて実践していくことで、メンタル面の強さにも繋がっているようなのです。

仕掛けた私もびっくりの好感触😆

また、私自身、みんなと筋トレやることで自分に甘くしたくなる気分に喝も入り、一石二鳥です。

あとは、鍛えた筋肉を踊りにどう繋いでいくのか、これまた練習が必要ですが、鍛錬によって伸び代はまだまだたっぷ〜りある😆とポジティブに捉えられます🙌

できることを何か一つ、昨日の自分より成長している自分を感じられるのって、なんか嬉しいです!

という訳で、畳一畳分でできるスカッと法、筋トレおススメです😆