父のこと その2

高速道路で降りるインターがわからなくなり、道に迷ってしまった一件から程なく、いつものごとく飲み過ぎによる体調不良期に陥った。

まず食欲がなくなり何も食べてくれない。身体が怠いらしく、ほぼ寝たきりとなる。水分だけは摂らせようとすると、そこは頭が回るらしく、ビール以外は飲まない、とがんばる。しかし口もきけないほど衰弱してくると経口補水液を摂取してくれる。がそんな状況が数日続き、意識も朦朧としてきている。このタイミングしかない、と迷わず救急車を呼んだ。

全ての検査異常なし。脱水症状とのことで点滴を打ってもらったところ、驚くほど元気になり、よたよたながら歩けるようになった。1週間近く酒が抜けていたせいもあるだろう。が、あれだけ何年も飲み続けて、内臓がなんともないとは、、、!丈夫なんだねぇ。。

が過度な飲酒は、身体のどこかを必ず壊す。父の場合は、それが脳に来てしまったのだ。

病院から戻った父は一見すると元気なのだが、言動がおかしくなっていた。まず、昼夜の逆転。夜中の2時ころに私の枕元にたち、「ご飯食べてないぞ」と起こしにくる。ある時は早朝4時に父の携帯から女性の声で「あなたのお父さんが犬を連れてはだしで畑で倒れて起き上がれないでいる!」と電話がかかってきたこともあった。また、あれが無い、これが無い、お前がどこかへやってしまったんだ、と毎日言い掛かりをつけてくる。こちらがやられそうになってきた。

脳神経外科に連れて行き、認知機能検査をしてもらう。脳の萎縮が見られ、初期の認知症であると。すぐ市役所に連絡し、介護申請手続きと同時に、24h父に張り付いている訳にいかないので、ディサービスを検討。市役所も包括センターの方もすぐに動いてくれて、通所も決まった。問題は父だ。果たしてディサービスに行ってくれるのか、、、。

「ディサービス」と言うと、最終地のような感じがあるらしく絶対に行かない、と言うと思い、「仕事に行くような感覚で、お昼も出てお風呂も入れるサービスが受けられる所があるんだけど行ってみない?」と声掛けしてみたところ、行ってみるか、と。

初日、ドキドキしながら送りだし、レッスンへ。だが、案の定、施設から電話。「お父さんが暴れてます、引き取りにきてくれませんか。」やはりやらかしたか、、、。


西川千鶴フラメンコ教室では、随時会員募集中です!

小金井市 府中市 国分寺市 小平市 武蔵野市 近辺にお住いの方、踊ってみませんか?

初心者歓迎、年齢は問いません。
現在5歳の子供〜シニアまで汗を流しています。
ダイエット、美容、ストレス解消、骨粗鬆症予防など、様々なことに効果のあるフラメンコ。
スペインの情熱のリズムで心と体を躍動させてみませんか?

貴女からのお問い合わせ、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA